女性幸せ支援

永山貴代 女性支援 メンタルサポート  

人との触れ合いが心の傷を癒す。

パートナーシップ

触れ合いに飢えた子どもが大人になると?

スキンハンガーって言葉知っていますか?
幼い頃に肌と肌の触れ合いがなく、触れることに飢えて育った人です。

スキンハンガーだとどうなってしまうのか?

人との程よい距離感が分からないために、人間関係がうまく築けないのです。

人を信頼できずに避けてしまう。
肌の触れ合いがな炒めに、愛着が上手く育たずにコミュニケーションが苦手で、引きこもってしまう場合もあります。

あるいは逆に、幼い頃の寂しさを恋人に際限なく、求めてしまいます。

寂しくてどうしょうもない。
甘えたい時に限度がなくなってしまう。
肌の触れ合いを際限なく求めて、セックス依存になってしまう。

肌の触れ合いがなく育ち、愛着が上手く育たないと、
コミュニケーションが苦手で引きこもってしまう場合もあります。

いつからでも遅くない。

いつからでも触れ合うことは遅くありません。

人は誰でも、人との繋がりや触れ合いを求めています。

介護施設でハンドマッサージをしてあげると、おじいちゃん、おばあちゃんはみるみる元気になります。

病気の方へのタッチングでも触れ合うことで、

オキシトシン(幸せホルモン)が上昇し、ストレスが減少し、免疫力も上がります。

肌と肌の触れ合いが多いほど、カップルは長続きします。

人は誰でも、人との繋がりや触れ合いを求めています。

介護施設でハンドマッサージをしてあげると、おじいちゃん、おばあちゃんはみるみる元気になります。

病気の方へのタッチングでも触れ合うことで、
オキシトシン(幸せホルモン)が上昇し、
ストレスが減少し、免疫力も上がります。

なぜ触れ合いが大切なのか?

肌の触れ合いが大切な理由は?

肌温度があります。

肌と肌が触れ合うと、皮膚温度が上がります。

体温を保つことは、動物が生きる上でとても重要な役割なんです。

肌の触れ合いは、体温を上昇させ、心を温め、ストレスが減り、心が安定します。

また、肌の触れ合いは、感情にも直結しているそうです。

信頼できる人、愛する人がいると、自分の周囲の見え方、感じ方が変わってくるのです。

確かに恋人ができて有頂天の時は、世界がバラ色ですね。

守るべき人や大事にしたい人ができると、寿命も伸びるんです。

奥様が亡くなった男性の寿命は一気に短くなるのからも分かりますね。

毎日触れ合うほど、愛が高まる

子育てでも夫婦でも、毎日スキンシップをするほど、オキシトシンが溢れます。

スキンシップがあると、繋がりも深まり、困難なことが目の前に起きても立ち向かうエネルギーが高まるのです。

子どものいるお母さんは子どものためなら、命も惜しくないですよね。

それほど、生命力も上がります。

それは人間だけでなく、ペットでも同様です。

ペットも温度が感じられるからです。

ペットがいると、精神面の安定に繋がります。

自分で完結する自分を癒す方法も有効です。

誰もいないという人も、まずは自分をハグしたり、お風呂に入った時に自分の身体をすりすりして摩ってあげて下さい。

ストレスを解消するためにも、自分だけで完結するストレス解消法を持っていることは重要です。

自分が癒されることは何ですか?

もふもふのぬいぐるみを触る。

音楽を聴く。

アロマを嗅ぐ。

カフェに行って読書をする。

公園に行って空を眺める。

たわいもないことで充分です。

1日5分でもいいので、自分を癒す時間を自分のために作ってあげて下さい。

関連記事一覧

カテゴリー