自分主体って一体なに?

未分類

自分主体ってなに?

自分主体ってなに?

あまり馴染みのない言葉で、何となく自分勝手なような?イメージがするのかなぁと…。

私はこの言葉が気に入って、そんな説明しなきゃ分からないような分かりづらい言葉は仕事するのに使わない方がいい!なんて言われたけど、やっぱりこの言葉を使いたくて自分を貫いた。

自分主体って?

それは、自分勝手でもなく、自分本位でもない。

自分がどう感じるか?

自分がどうしたいか?

自分がどうありたいか?

「わたし」を起点に、私が心地よくご機嫌でいられるために、自分の本音を感じ、その本音に寄り添って、選択したり、決めて生きることです。

自分が主体となって、自分という存在がここに在ることを感じて生きて欲しい。

では、自分主体でなくなると

夫がああ言ってるから…。

本当はこうしたいけど、親がそう言うなら…。

これやりたいけど、家庭があるし、子どもにも迷惑かけちゃうかもだから、諦めルしかないなぁ、とか。

それは、他人起点です。

自分主体になるには、まず自分の本当の気持ちを感じることからです。

みんなもっと価値が高いんです。

女性が自分主体でハッピーに生きるお手伝いをしたいと考えています。

みんなもっと価値が高いんです。

私はこの社会で女性が生き辛さを抱えていること。

家庭でお母さんや妻という役割に閉じ込められて価値や可能生を低く設定されていること。

そんな女性を目にする度に憤りを感じています。

本来ならもっともっと価値がある。

可能生があるのに発揮できてない。

お母さんが子どもを育てるだけでも、すごいこと。

それなのに、どうしてこんなに評価されない社会なんだろう?

仕事もこなし、家庭も守り、夫の世話も頑張る女性たち。

女性は外出しても家のご飯のこと、帰る時間、遅くなると子どもがいるし、夫に何か言われるしって、楽しむこともできなかったり。

何も言われなくても、女性は家を守るものみたいな社会概念から、ひどく罪悪感にかられたりする。

女性って、本当に我慢強いし、誰かのために自分を犠牲にするし、許す愛が深い。

本当に愛おしい存在なのに、認められることがない。

本当のあなたはそんなんじゃない!

でも、本当はそんなあなたじゃない!

家庭や子どもや夫を大切にし感謝しながら、女性が一人の女性として、もっともっと幸せになっていい!と強く感じています。

かと言って一人で誰にも頼らずに、孤軍奮闘するのでなく、頼れるところや甘えられる所は上手に甘える。

苦手や出来ない所は夫や子どもや周りに上手く頼って、感謝して、お互いを支え高め合う関係を築く。

それが、家庭もビジネスもプライベートも上手くいく秘訣です。

継続セッションで蜜に寄り添って、あなたの価値を最大に!

➡︎LadyBloom継続セッション

関連記事一覧

関連記事はありません。