人生とは何かを考えてみた。

人生

人生って何だろう?

 人生は船旅のようなもの。

 大波、小波、晴れの日、曇りの日、嵐の日。

 色んな日を乗り越えて進んでいる。

 穏やかに進む日もあれば、

 上手く進まなくて、止まってしまうこともある。

 時には波に乗ってぐいぐい進む。

 時に転覆し、誰かに助けられる。

 でもまた進む。

 誰と乗るかでも旅は変わる。

時に誰かに舵を任せるのもいい。

 でもどうせなら、自分で舵を切っていきたい。

 

 一人一人の色んな人生の旅がある。

 だから人生は面白い。

 

 旅をしながら、たくさんの困難に出会い、自分とは何かを知るのが人生だ。 

 

 色々な問題はあなたに何を伝えてくれているんだろう?

 苦しむことではない。あなたが成長するために与えてくれているんだ。

  

 折角なら、この旅を楽しもう。

人生は全てハッピー?なんてあるの?

人生とは何か?

あなたにとって人生とは何ですか?

改めて考えることってあまりないかもしれないけど、日々ハッピーな人と辛そうな人がいるのは間違いない。

その違いって何だろう?

悩んでいる時は本当に不思議だった。

自分だけが何でこんなに辛いんだろう?

自分以外がみんな幸せそうに見えた。

あんな風に笑ってみたい。

あの人は何であんなに幸せそうなんだろう?

いつもそんなことを考えていた。

人生に意味つけしているのは自分だった。

色々と学んで、自分と向き合った先には、人生がハッピーかアンハッピーかを決めるのは自分。

どっちを選んでもいい。

苦しいのがハッピーな人もいる。

苦しんで頑張っているのが、苦しくても幸せだったりするもんだ。

過去の自分もそうだったのだ。

困難や戦うことが大好きだった。

苦しくて苦しくて、もういよいよこんな人生やだ!って我慢が限界になった時に、変わりたいと思った。

その時期も人それぞれだし、苦しいままもあり。

苦しいにもメリットがある。

人生は自分で舵を切るんだ。

どんな世界を生きるのも自分の選択だ。

色んな問題が起こってるにもちゃんと意味がある。

どんな人生でも人の人生にとやかく言うのはおかしい。

だってその人の人生だから、選ぶのはその人。

自分の子どもだってそう。

親から見たらああしたら、こうしたらとか。こうしたらもっと良くなるのにって。

でも、そんなのは余計なお世話。

人生の主人公は自分。

選ぶのも決めるのも自分。

失敗したって、間違ってたっていい。

正解なんてどこにもない。

正解だったかすら自分で決めるもの。

やってみないと失敗かも分からないから。

やってみて自分が進む道でなかったとしても、やらないよりはいい。

それよりも失敗や間違いや回り道から学ぶことは大きい。

その経験が今の自分の宝になっている。

過去の悩みを開示することで1人でも誰かの全て役に立てばいい。

人生は自分を知る旅だった。

人生は自分を知っていくための旅であった。

私たちは人生という、長い航海をしている。

良い事も悪い事も起こる。

良い事しかないと言ったらその人は嘘付きだろう。

色んなことが起こるもんだ。

でも、その色んな事をどう意味つけして、どう感じるかは自分次第。

産まれた時から病気でも、幸せだと言う人はいっぱいいる。

反対に悲観して人生を終わる人もいる。

どちらも良い悪いはない。

自分の航海であり、舵を切るのは自分だから。

休んでもいいから、また進もう。

航海中には色んなことが起こる。

今ならそれは本当は困難ではなかったと思える。

その問題は自分に何かを知らせるために起こっていた。

自分がもっと成長するために。

その先はもっと幸せになるためにね。

問題を学ぶ姿勢で受け取るか。

困ったとかもう終わったと受け取るかで、全く違う人生になってしまう。

子ども達は、何か起こると直ぐに「終わった」なんてすぐに口にする。

時々私もその口癖が移って使ってしまうことがある。

でも「終わり」はない、進むしかない。生きるしかない。

だったら、諦めない。

何とか最良の解決策を探す。

どうしても道がない場合は、諦めてやり直す、捨てる覚悟も必要だ。

そしてまた進むのだ。

人生はその繰り返しだ。

 

一緒に自分の人生を考えたい。人生を変えたいと言う方は一緒に伴走します。

変わりたい、変えたいと覚悟できた時は変わる時期です。

その時に誰と出会うか、どう行動するかで人生が変わります。

どんなお悩みもお試しセッションから!

関連記事一覧