元初のフジテレビ取締役の平田静子さんのお話を聞いて来ました。

  • HOME
  • ニュース
  • 元初のフジテレビ取締役の平田静子さんのお話を聞いて来ました。

昨日は、元初の女性フジテレビ取締役で、現在はヒラタワークスの平田静子さんのお話をテイナーズの芸能メディア交流会で聞く機会に恵まれました。

平田静子さんは、フジテレビの後に、株式会社扶桑社へ出向し、CAZ編集長を経て『アメリカインディアンの教え』『チーズはどこに消えた?』(400万部)『象の背中』(秋元康原作)などのプロデュースをされてきました。とっても気さくで、人柄がにじみ出る平田さん。本にサインもして頂きました。

帰宅してから、もう一度『チーズはどこに消えた?』を読み、『そういえば、いつも目の前のことだけやってきた』は平田さんを感じながら、何度も読み返しました。

平田さんのおっしゃる通り、女性はお母さんや妻という役割もありつつ、社会では男性を敵とみなして戦うのでなく、女性は女性の強みである優しさ、サポート力、きめ細やかさを発揮して、1人の女性として輝く!

まさに、私が目指してるゴールそのものです。人間だから誰でも当たり前に不安はありますが、『行動していこうね』と自分に伝えました。平田さんからも『頑張って下さいね』という励ましの言葉を頂きました。胸に刻んで進みます。

絵本製作講座に行って来ました!